2019/11/24

BRIDGESTONE RZ275試打

ブリヂストンのRZシリーズを試打したいなあと思ってブリヂストンさんのオンラインクラブに入っているのをいいことに試打を300・290で要望したら外れてしまいました。😥
なのでこれは裏をかいて260・275の希望を出したら11月23日に届きました。あまり希望者がいないかなあと。
たださすがに260グラムは軽すぎるので275グラムを今日レッスンに持っていて試打しました。

ラフィノさんの試打の様子はこんな感じ 

正直、295グラムのCLASH100でもレッスン最後のほうになると重い感じがして軽めのがいいなあと思ったのでちょうど良いかなと。
今使っているULTRA 103Sは290グラムでまあなんとかなるんですが、最近はつらいときもあります。あとULTRAは硬いしね。

で、打った感想ですが
  • CLASHよりは当然柔らかくない
  • でも打感は柔らかいし、打ちやすい
  • 嫌な振動が来ない(振動止めをつけないで打っていましたがつけていないことを忘れてました。ストリングはテクニファイバーのXR3)
  • 面安定性が良くて、ボレーのレッスンだったのですが結構な体勢で打つときも以外とちゃんとかえる。
  • ちょっとバックハンドのスライスが浮きがち。普段のULTRAのように打つと浮いたりネッとしたりでちょっとアジャストがまだできなかった
  • フォアは攻撃的なスライス・スピンともに打てました。
ブリヂストンのラケットはBEAM-OSとX-BLADEの最初のやつを売ったことがありますが、BEAM-OSに近い感じです。でも打球はX-BLADEの系譜をちゃんと繋いでいる感じ。
あとグリップサイズとレングスがカスタマイズできる(はず)なのでもしかしたらこの275を買うかも。

2019/11/05

希望のスペックのラケットが〜

テニスをスクールのレッスンとはいえ毎週やっているとそれなりに道具を選びたくなります。

特にラケットは一番触るところだし打感とか振りやすさとかの上に、ラケット自体に助けてもらって、こうすればスピンがかかるのではないか(ダンロップの上條氏曰く「スピンはお金で買える、PureAeroを使えばね)、打球のパワーをあげられるのではないかと日々足りない技術を補ってもらうべくカタログスペックを見て、試打会があれば行き、試打ラケットが借りられれば借りて試す日々です。

で、最近出た結論として
  • 面の大きさは97〜100スクエアインチ
  • 重さは280〜290グラム
  • できれば0.25〜1インチロング
  • グリップは3
  • バランスはイーブンかややトップヘビー気味
がいいなあと思って探しているのですが、グリップとラケットの重さがネックでこれだと言うのがなかったのです。

しかしこの連休でグダグダ探したところこれを見つけました。

SNAUWAERT(スノワート) GRINTA98LITE(グリンタ98ライト) (3)
以前テニス雑誌を読んでいたときにスノワートは知っていてVITASという変形ラケットにそそられていたのですがまさかGRINTAにあるとは。
すぐほしいくらいなのですが値段がお高い(最近にしては。あまりお値引きがないみたいです。販売店も限られているし)ので「はい、買います」と言いにくいところ。
ただ思い描いた理想の1本なんだよな〜。悩みどころ。どこかで試打できないかなあ。

2019/10/28

BuJoとほぼ日手帳

ほぼ日手帳はずいぶん前から使っていて…でも5月くらいでいつも終わってます😅
で、Bullet Journalというものを知ったのですがきっかけはこの本


ただこれは女子が~とかそんな感じであー、こういう使い方もあるね~と思った程度でした。
で、これのやり方がBullet Journal(BuJo)というもので、GTDとかに親和性高いなあと思っていました。

その後、BuJoを作ったRyder Carroll氏のブログ・サイト・そして本(英語)を見つけて購入。(特別版を買いました。ロイヒトトゥルムのノートがついていた)


正しいやり方を覚えてちょっと続いています。なんで正しいやり方と書いたか?いまBuJoで検索するとそれはまあ美麗な手帳が出てきます。こんなのできないよ~と思っている人もいるかもしれませんが、その美麗な装飾は必要ないのですと言うことを確認したかったのです。
もともとRyder Carroll氏がADHDで忘れてしまうことをお手軽にひとつにまとめてそれをちゃんとこなしていけるようにしたものだからです。

さて、一応ロイヒトトゥルムのノートがページ番号もついていて、質実剛健で使いやすいのは確かなのですが、毎月Monthlyを作り…という手順が面倒になってきたりして、こんなの


もあるんですが、ちょっと面倒。

で、ほぼ日手帳から出ます。
DayFree手帳


ページ数は振る必要がありますが、でも振らなくても大丈夫そうだし、そのあたりは適当にできそうです。ちょっと期待して来年はこちらに乗り換えようかと思っています。


2019/10/27

ああ、BLADERの覚醒、そして #1,000分の3秒を5秒にする そして、 #Wilsonの革命の続き回転編

#BLADERの覚醒 の一環でお借りしていたBLADE V7 98S。本日返却しました。

楽しかったー。新しいラケットはいろいろシステム・材料が変わっていて楽しいですね。本当はNXT Softを張って打ちたかったところ。でもCLASHとは違う柔らかさがあり、98インチは振り抜きやすいのでちょっと考えてしまうところです。

そうしたらCLASHにSラケが出そうじゃないですか。 楽しみだ~。

今のBLADE V7のラインナップからすると98SでG3も出そうですし、どれくらいの打感になるか、楽しみです。

ちなみにULTRA 103Sに自腹でNXT Softを張りました。すごいです。今まで某Bがつく会社のナチュラルを張っていましたが、それに匹敵するか、もうすこし柔らかい感じ。あとストリングにコートがしてあるようでスピンがかかるし、打感は柔らかいし。かなりいいです。妻のお下がりのULTRA 100CVにも張ろうかな。固めのラケットにあいそうな気がします。
テクニファイバーのX-ONE BIPHASE、TGV130、バボラのExcel、ウイルソンのNXTとナイロンマルチを張ってきましたが、ちょっと図抜けている感じ。あとはテンション維持性能がどれくらいあるかなあと言うところが気になりますが、柔らかい包むようなストリングが欲しいという時のファーストチョイスですね。

2019/10/21

UltraManはBladerになれたのか

#Bladerの覚醒 第二弾です。


昨日は3時間近くレッスンがあったのでBLADE 98S V7.0 とULTRA 100 CVを持ってレッスンに行ってきました。どちらもG2。(これは後ほど)
普通に使っているのはULTRA 103S。

ちょっとスペックのおさらい

  • ULTRA 103S
    • 重さ(ウエイト)
      平均290g
    • バランス
      平均33.5cm
    • サイズ/レングス
      27.25インチ
    • フェイス面積
      103平方インチ
    • フレーム厚
      25/26.5/24.5mm
    • ストリング・パターン
      16x15

  • BLADE 98S V7
    • 重さ(ウエイト)
      平均295g
    • バランス
      平均32.5cm
    • サイズ/レングス
      27.00インチ
    • フェイス面積
      98平方インチ
    • フレーム厚
      21.0/21.0/21.0mm
    • ストリング・パターン
      18x16
  • ULTRA 100 CV
    • 重さ(ウエイト)
      平均300g
    • バランス
      平均32.0cm
    • サイズ/レングス
      27.00インチ
    • フェイス面積
      100平方インチ
    • フレーム厚
      23.0/26.5/22.5 mm
    • ストリング・パターン
      16x19

こうしてみると使っているラケットが重さが軽いとバランスがトップヘビーになっていることがわかりますね。

閑話休題

3時間近くBLADEを打っていたのですが、レッスン内容はリターン。まあリターンと言うことはストロークもサーブもサービスダッシュからのボレー、リターンダッシュからのボレーも入るので総合的にいろいろ試すことができました。
レッスン当初はBLADEの柔らかさ、リターン時でのパワー等々いろいろと恩恵を受けることができました。これはやはりCLASHより打ちやすいのではないかと錯覚するほど。
ただし、2コマ目になってくるとBLADEさんがとばしてくれない。1コマ目はちゃんと自分で振っていたのねーと再確認。3時間近くは振れないなあと思うこと、後半になるにつれどんどん再確認した次第です。

余談ですが、途中、スクールに某グ○-ブラ○ドさんがきていて某B○○○T ○3 300gなどを打ったらまあ楽、いいですね。(違うか)

ちょっと日常で使うには難しいことがわかっただけ良かったと思いましょう。もうすこしラケットにパワーが欲しいところでした。

個人的にはフェイスは98インチ~104インチ、280g~300g、本当はちょっとロングでややトップヘビーなG3のらけっとが欲しい…あ、今のULTRA 103Sだ。
(実はPrinceのBLACK O3 104が一番合っていた気がする)

余談

結局、ULTRA 100 CVも後半の後半はつらくなってきてしまい、私はラケットパワーがある物が必要なのねと再確認したのですが、そのようなスペックのラケットってどうしてもG2までしか無いんですよね、各メーカー。

56歳(になりました)で40歳から始めたので元々の体力が無いのでラケットにお願いしたいところが山々ある野ですが、身長180cmで手もピアノで1オクターブと1音開くくらいの大木産で、G2だと帰って疲れたり、薬指が親指の腹に当たったりしてこれははっきり言って使えないです。でG3を探すとパワーのあるラケットが無い。300g以下のラケット(ウイルソンでいうLラケ)もG2で終わっている、某グ○-ブライドさんも同じ。
長いことテニスをしましょうキャンペーンをやっているのであればG3のパワーのあるラケットもラインアップにそろえて欲しいです。

HEADさん、BRIDGESTONEさんだとグリップ変更ができるのですが、純正はこの2社だけ。他のところはチューニングショップに頼むしか無いのはちょっと残念です。
4,000円~5,000円かかってもいいのでグリップサイズを変えられるか、もともと外国ではラインアップに入れているのですから、日本でもせめてG3までどのラケットもそろえて欲しいです。贅沢を言えばG4まであるとうれしい。

実はいま日常で使っているULTRA 103SはG3です。そうです、輸入品です。最初のULTRAがでたときにどうしても103Sが欲しかったのですが、G2までしか無く、(今の105S CVもそうですが)仕方なく輸入ラケットを扱っているお店に頼んだのでした。

今は意外と輸入ラケット屋さんもグリップサイズは国内と同じで値段が安いと言うのを売りにしていてそれじゃあ国内正規品を買うけど!と思ってしまいます。

BLADEの試打に選ばれたのでこの余談部分もお願いしたいところです。