2019/02/14

あー、Firefox…

Firefoxをメインに使っている毎日なのですが、最近、Inoreader使用時にストレスを感じることがあります。Chromeに最適化しているのか、次の記事に移るときに時間が掛かったり、途中で止まったりしてしまいます。

そこで、Chrome使えばいいじゃん…と思うのですが、Chromeで一番嫌なのが検索するとそのタブで開いてしまうことなのです。これ、なんとかなりませんかね。

代替として、Vivaldiを使っています。これもSnapshotで使っているのでたまに不具合が入ったりしてちょっとつらいかなあ、と思う日々。

Chromeのタブの扱いを拡張機能で何とかできればいいんですよね。

2019/02/11

#ウィルソンの革命 ~CL🔺SH 試打~

ウィルソンの革命と名付けられたラケット CLASHを試打しました。

ダズル柄の時の試打のビデオを見ていたのですが、なんとなく、ULTRAのクラッシュゾーンを12時・9時・6時・3時煮付けてみたのかなあと思っていました。打感も柔らかくなるし、飛ぶしULTRA100CVで使っているので実績はあるし。

実際はこちらのビデオのとおりグラファイトの編み方とスロートの形状を考えて柔らかく、またちゃんと飛ぶようにできているようです。

今のラケット/セッティングは
  • ULTRA 103S Babolat Tonic+ 40ポンド(クラッシュゾーンなし、CVなし)
というやや柔らかめ・弱めで使っています。

さてCLASH100をポリエステルガット52ポンドで打ったんですけど(コーチのを借りたので)全く違和感がないです。ストロークは飛ぶし、スピンはかかるし、スライスはたま持ちがよい感じでこれも問題ないです。ボレーも決めボレーはきっちり打てるし、スマッシュも問題ないし、かといって、タッチ系のドロップもきちんと思った感じで打てます。ULTRA 103Sの時はドロップでも飛びすぎてしまうのですが、CLASHのテンションが高いポリのせいか、きっちり落とせます。振り抜きもよいです。

で、実はポリははじめてで(^_^;)硬いという先入観があったのですが(ルキシロンのSAVAGEだったみたい)これも問題なく、なおかつ振動止めもつけていないラケットで今までと変わらず打つことができました。というかそのあとULTRA 103Sで打ったのですが、ラケットが硬い!ナチュラル張っているのに!って 感じでした。

予算に余裕があったら買い換えたいくらいです。

2019/01/17

潰瘍性大腸炎、増悪。そして新しい薬。

先々月中盤あたりからちょっとお腹の調子が悪かったんですよ。おならが出まくるとか、ちょっと血が混じるとか。まあ痔もあるので😨そのせいかなと思っていたんですが、いい加減止まらず、強力ポステリザンと言う名の痔の薬も入れているのにと思いつつ、12日がレミケードの点滴。
点滴終わって診察時に頭痛が続くこと(これはロキソニンではなくてゾーミックで対応してくれと)、身体がこわばってしまったこと(これは寒いからでは?>合ってました)、そして血便の話をしたところ、見ないとわからないという至極まっとうなご意見。で、急遽1月15日に大腸内視鏡検査。
いつものI先生ではなくて火曜日の担当の先生(入院中に一回やってもらってすごくへただった記憶(^_^;))で、実施しました。

さて、前日の下剤もあまり効かず、当日もきれいになった感がなかった私の大腸ですが、入れてみたら落ちていないことはなかったのでまず安心。ただね、一緒に見てたんですが、全体的に腫れてるんですよ。6月の特定疾患継続申請の時は上行結腸は大丈夫だったし、横行結腸もまあそんなにひどくなかったんですが、今回は上行結腸も血管は見えるけど、ひだがなくない?横行結腸は血管があまり見えなくない?下行結腸にいたっては腫れてますけど。S字結腸にはびらんが、直腸にもしっかりびらんが………😱

主治医も写真を見て「すごい不快」って。そう言われてもねえ。増悪してしまいました。レミケード慣れしてしまったのでしょうか?(これは多分ないと精神科医)仕方が無いのでステロイド登場。注腸剤です。以前の注腸剤は液を温めて、ポンプみたいなので押し込む、そのあとぐるぐる回ると言う作業が必要だったのですが(そのためにペット用トイレシートを買った。漏れることもあるので)今回のはレクタブルという泡が出てくる注腸剤。これは固い泡らしい。

薬局に行って薬を出してもらった時に説明書をもらいました。その上実施方法DVD付き。すごいね。 サイトにも動画があります。

以前より簡単でこんなんでいいの?と思っていましたが一応注腸。


そしたら翌日からピタッと止まるというステロイド怖い!いや、すごい!ステロイド耐性じゃなかったのか?と言うくらい普通に止まってしまいました。いやー、色々薬があるもんだね。

あとはアサコールじゃなくて、もっと後ろで溶ける薬も出たそうなのでそっちを使いたいらしいです。まあ4週間後のお楽しみ。

2019/01/05

Bullet Journalについて

最近のバレットジャーナルを観ると(インスタグラムとか入門本)みんなきれいに作っているんですよね。
で、最初にバレットジャーナルを考えたRyder CarrollさんがBullet Journalの本を出版されました。

この本の出版のマーケティングでアメリカ・ヨーロッパを回られたそうです。この時、女の人がサインを求めてきたのでつい「今でも書いていますか」と聞いたところ「やめてしまった」という言葉が返ってきたそうです。
理由を聞いてみるとやはりインスタグラムなどできれいなトップページ、たくさん装飾されたトラッカーなどを観てこんなの作れないと思ってやめてしまったそうです。
Ryder Carollさんはこれを聞いてその装飾が目的ではない、タスクをきちんとこなしていくのが目的と述べていらっしゃいます。

私もBuJoをはじめて色々観たのですがさすがに毎月こんなに時間は取れないなあと思ってシンプルにシンプルに使っていましたが何か勇気づけられた気持ちです。

原文はこちら。

2018/11/12

ありがち

Firefoxでタイトル書いて、本文の所に来たら、一瞬打った文字が見えなかった。Firefoxの再起動で大丈夫になったけど。

さて、 何の気なしにこんなブログを読んでしまった。

挫折した手帳、使わなくなった手帳、失敗した手帳を紹介、もう手帳購入は迷わない(ハズ)

ありがち。特にほぼ日手帳はも出ているから、なんとなく全部を埋めないといけない気がするんですけど、糸井さんも言っているようにうめなくても良いんです。もったいない気がしますがなんか書くことがある毎日なんて日常にはないし、予定だってそう毎日何かがあるわけではないですよね。

適当にやれば良いんです。…というのが私の結論。書きたいことがあったら書けばいいし、一日で収まらなければ次の日にも行っていいし、自由なのよ。日付が降ってあるからなんとなく一日1ページ書かないといけない気がしちゃうんですけど、アレは手帳という名の自由帳なのでどう使おうと自由。高いから元とろうとか思っちゃだめです。

この中に出てくる手帳はたしかに「へ?」っていうのもあるけれど、全部が全部マニュアルどおりに使わないといけないわけじゃないし。

この人に勧めたいのはバレットジャーナルですね。好きなノートでできるし(高いのでも安いのでも)書きたいことを書けばいいし、DailyもMonthlyも書き方はほぼ自由。
最近は流行っているのでMonthlyをすごく凝る人もいるけれど、そこに時間を使うなら(趣味なら止めないけど。やる自由・やらない自由) 別のこともできる氏くらいの気持ちで使えるし。余っちゃったら来年も使えば良いし。

という私はほぼ日手帳とBuJoを併用していきますが。あと何なら5年手帳も買っちゃったしね。



しかし、Blogにトラックバックがなくなってなんかつまらんな。